継続力

IT系サラリーマンが、書籍や講座から学んだこと、効果があった勉強方法を紹介します。

日経コンピュータ 2021年9月16日号 〜特集 MS&AD「3つのD」〜

表紙は、「特集 MS&AD「3つのD 損保のリスクにデジタルで備える」です。


MS&ADにおけるデジタル化の実例が多く紹介されており、守りの印象があった保険業会の印象が大きく変わりました。

数ある記事の中から、私が印象に残ったテーマを紹介します。

 

 

印象に残ったテーマ① MS&ADにおけるデジタル化の動き

自然災害の増加による保険金支払い額の増加や、自動車市場の構造変化などに伴う保険料収入の減少といった損保のリスクへの対策の鍵が紹介されていました。

その鍵がデジタル化であり、既存損保事業の業務改革であるDX(デジタルトランスフォーメーション)、損保事業以外の新規事業創出を目的としたDI(デジタルイノベーション)、スタートアップ買収などで海外の事業の拡大を狙うDG(デジタルグローバリゼイーション)の3つのDです。

具体的には、AIとドローンを活用し被害状況を調査することで、火災保険の立ち合い調査コストを大幅に下げ、さらに、保険金支払いの迅速化を目指します。
また、顧客コンタクトにAIチャットを活用したり、新入社員への損害調査実習にVRを活用したりと、最新のデジタル技術を活用する場を広げています。

また、米コネクトIQラボのアプリ「Miles」を日本向けにカスタマイズし、利用者の移動手段に応じて報酬ポイントを付与するスマートフォンアプリケーション「JREAD」の実証実験も進めているようです。

最新の技術やスタートアップ企業とのコラボレーションを積極的に行っており、デジタル化に精力的に取り組んでいるという印象を受けました。

 

印象に残ったテーマ② 配送員によるピックアップ専用店舗ダークストア

注文を受けた商品を配送員がピックアップするための専用店舗「ダークストア」が欧米を中心とした海外で急速に拡大しているようです。

これにより、注文後10分程度でスーパーの商品が届くという非常な便利なサービスが提供できるようです。
10分程度で届いてくれれば、わざわざ自分で買い物に行くよりも非常に楽で便利だと思います。

本号では、ダークストアによる即販モデルの市場リーダーを目指すOniGOが紹介されていました。
今後の成長に期待です。

 

印象に残ったテーマ③ デジタル庁始動

本号では、2021年9月1日に発足したデジタル庁に関する記事が多く紹介されていました。
デジタル庁が担当するデジタル大臣の補佐と庁の実務の取りまとめを担う特別職である「デジタル監」に、一橋大学の石倉洋子名誉教授が就任した記事や、2022年度のデジタル関連の主要な要求額が約1.1兆円になったという記事です。

デジタル庁に対する国民からの期待は高く、その分、うまくいかなかったときの批判も大きくなるでしょうが、是非とも頑張って、行政を始めとした日本社会をデジタルの力で良い方向に変革して欲しいものです。

 

まとめ

損保業界のデジタル化の動きが物凄く速いことが印象的でした。
他にも、非常に勉強になることが書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

日経コンピュータ 2021年9月2日号 〜特集 ウィズコロナが勝敗を分ける〜

表紙は、「特集 ウィズコロナが勝敗を分ける 詳報、第26回顧客満足度調査」です。


サービス、ハード、ソフト等の顧客満足度のランキングの他、クラウド移行に対する大手3社の施策が紹介されていました。

数ある記事の中から、私が印象に残ったテーマを紹介します。

 

 

印象に残ったテーマ① クラウド移行で3強激突

ユーザー企業のクラウド移行に対する、AWS、Azure、Google Cloudの3大クラウドの支援策が紹介されていました。
その中でもAWSでは、日本独自の支援策として、現状評価から計画立案、AWS移行までを支援するITトランスフォーメーションパッケージを提供しています。

この支援策を利用すれば、クラウドが不慣れなユーザーでも安心してクラウド移行に踏み切れるのではないでしょうか。

現状は、RehostやReplatformが全体の7割程度を占めているようですが、こうした支援策でクラウドに慣れることで、クラウドネーティブアーキテクチャーに変える「Refactor」の割合が増えていくことが期待されます。

 

印象に残ったテーマ② 分散型金融で660億円流出

ブロックチャーン上で取引が自動処理されるDiFiの一種と主張しているサービス「Poly Network」で660億円もの資金が流出した記事が紹介されていました。
DeFiの特徴は利用者間の取引が「無人化」されるため、取引を仲介する証券会社など既存の金融事業者が不要なことですが、裏を返すと資金が消失するなどのリスクはサービスの利用者がそのまま負う必要があるようです。
今後、資金が消失するリスクが限りなくゼロに近くなるように、しっかりと安全対策を強化していって欲しいものです。

 

印象に残ったテーマ③ コロナによる新状態で求められる3つの力

これからのITベンダーに求められる力として、「インフラ力」、「DX支援力」、「コスト対応力」が挙げられていました。
コスト対応力は個人の力では強化が難しいですが、インフラ力、DX対応力はエンジニア個々人が日々自己研鑽をし、伸ばしていくことが可能です。
様々な会社のシステムのアーキテクチャを学んだり、最新技術の収集を怠らないようにしたいものです。

 

まとめ

クラウドブロックチェーン技術について学ぶ必要があると感じさせられました。
他にも、非常に勉強になることが書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

日経コンピュータ 2021年8月19日号 〜特集 組織の枠超える「共創DX」〜

表紙は、「特集 組織の枠超える「共創DX」 DX銘柄2021の企業に見る新潮流」です。

どのような姿勢でDXに取り組んでいる企業が、経済産業省東京証券取引所が選定した「DX銘柄2021」に選出されているかが分かりました。
また、アジャイル開発案件契約時の注意点も非常に参考になりました。

数ある記事の中から、私が印象に残ったテーマを紹介します。

 

 

印象に残ったテーマ① SREホールディング、日立製作所がDX銘柄2021のグランプリ獲得

経済産業省東京証券取引所が選定した「DX銘柄2021」が紹介されていました。
セブンイレブンJAL清水建設等が「DX銘柄2021」に選定され、その中で日立製作所と、不動産事業や人工知能(AI)などを手がけるSREホールディングス(旧ソニー不動産)の2社がグランプリに選ばれました。

SREホールディングスは、物件の売り手の集客から最終的な契約業務まで、不動産取引の川上から川下までをカバーしたシステムを当初は自社のために開発していました。
しかし、不動産仲介事業の限られたパイを競合他社と奪い合うのではなく、自社のシステムを外部にも提供することで、不動産業会のデジタル化を進め、市場全体を活性化させる決断を下し、2018年度から自社システムの外販をスタートしました。

このような組織の枠を超え、他社を巻き込んでDXを実行する取り組みが評価され、グランプリに選ばれたようです。
不動産以外の業界にも、こうした動きが広がると良いと思いました。

 

印象に残ったテーマ② アジャイル開発案件契約時の注意点

今後さらに増えることが見込まれる、アジャイル開発案件契約時の注意点が紹介されていました。

「この機能をつくってくれ」という要求しかないアジャイル開発案件は、特定の機能を導入するという「手段」が「目的」にすり替わっているため注意が必要なようです。
こうした事態を避けるためには、ユーザーや開発ベンダーを巻き込んで、現状の課題を洗い出し、改善要望を集め、どんな状態にどう変えるのかという仮説を立て検証するプロセスが非常に重要です。

この仮説検証プロセスで、「MVP(ミニマム・バイアブル・プロダクト:検証可能な必要最小限のプロダクト)」を作成します。
このMVPの特定には、プロジェクトの予算の半分程度をつぎ込んでも良いほど重要なもののようですので、アジャイル開発時には注意したいものです。

 

印象に残ったテーマ③ 業務部門の参画を明記

アジャイル開発では、作成したものと、本来の要望間のギャップを正しく捉え、繰り返し改善することで、そのギャップを小さくしていくことが重要です。
そのため、ギャップを正しく捉えるために、要望を正しく理解した業務部門の参画が欠かせません。
こうした業務部門にプロジェクトに参画してもらうことを、契約書に明記することが重要なようですので、十分に注意したいものです。

 

まとめ

アジャイル開発は契約段階で成功可否が決まってしまうのではないという印象を受けました。
他にも、非常に勉強になることが書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

【書評】ハーバード・ビジネス・レビュー 2021年 8月号  〜Hybrid Work〜

表紙は、「Hybrid Workハイブリッドワーク」です。

コロナ禍により一気に広まったテレワークと、オフィスでの勤務が混在する社会において、マネージャが意識すべきことが紹介されていました。
また、中国とどう向き合うかという特集も組まれていました。

数ある記事の中から、私が印象に残ったテーマを紹介します。

 

 

 

印象に残ったテーマ① ハイブリッド環境でマネージャは何をすべきか 

部下の仕事を直接確認できないようなテレワークと、オフィスでの勤務が混在するような状況下において、マネージャが、如何にして、部下に適切にリソースが行き渡るようにするかのポイントが記載されていました。

チームやメンバー毎の出社状況の視覚化、出社している従業員とテレワークしている従業員間の権限の不平等の解消、ハイブリッド環境における仕事の進め方に関する社員教育、これらの施策がうまくいっているかのチェックが重要なようです。

少しずつテレワークが減っているというニュースも聞きますが、テレワークがゼロになることはないでしょうから、マネージャが意識すべきポイントを押さえておきたいと思いました。

 

印象に残ったテーマ② マネージャの役割の変化

これまでのマネージャは、特定のタスクを遂行できる従業員のパフォーマンスを管理・評価する能力に基づいて選ばれ、昇進してきました。
今後はこれらの能力だけでなく、優れたコーチや教師の役割を担える、共感力も重要になるという記事が紹介されていました。

ハイブリッド環境だけでなく、ダイバーシティを重視する世の中になっていくでしょうから、この共感力を身に付けるために、周囲の人との会話を大事にするように意識しようと思いました。

 

印象に残ったテーマ③ 中国との差を縮めるため戦略

テンセントやアリババといった世界的な大企業を排出している中国とのイノベーションの差を縮めるための方法がいくつか紹介されていました。
その中でも、「模倣の腕を磨く」、「中国のスピードに遅れずに中国の情報を動画などで入手し続ける」というアドバイスが、個人でもできることですので、実践していきたいと思いました。 

 

まとめ

コロナ等の環境変化に適応するために、これからの世の中で意識すべきことをしっかりとキャッチアップしてきたいものです。
非常に勉強になることが書いてあるので、ぜひ読んでみてください。 

日経コンピュータ 2021年8月5日号 〜特集 みずほ銀行 2021年システム障害〜

表紙は、「みずほ銀行 2021年システム障害 変わらぬ組織の病」です。

今回はみずほ銀行のシステム障害に関する詳細な分析が紹介されていました。
自社システムは大丈夫かを考える良い機会になりますので、是非読んでみてください。

数ある記事の中から、私が印象に残ったテーマを紹介します。

 

 

印象に残ったテーマ① みずほ銀行システム障害の背景には35の問題点

2021年2月〜3月にかけて、2週間で4件ものシステム障害が発生したことは記憶に新しいかと思います。
これらの障害の背景にある、35の問題点について詳細に説明されていました。
どの問題も非常に難しく、簡単には解決できないという印象を受けました。

その中でも、特に、問題が発生したことに直ぐに気づけないという問題点が非常に致命的だと思いました。
システムリリース前に、問題が発生した際の対応方法は、普通はよく検討するかと思いますが、問題に気づけないとなると、いかなる対策も無意味になってしまいます。
今回のシステム障害を踏まえて、しっかりとしたシステム運用の監視体制を構築して欲しいものです。

 

印象に残ったテーマ② 他行の標準的なシステム仕様の理解不足

一連の障害の中で特に印象に残った、ATMにカードが取り込まれて返ってこなくなる問題に関する記事が印象的でした。
他行では1990年代にATMの休日稼働や24時間稼働が広がった際に、営業店に職員がいない時間にカードが取り込まれて返ってこなくなると、顧客に迷惑をかける恐れがあることから、ATMにカードを取り込んだままにしない仕様に変更していたようです。
このように、他行では時代背景に合わせ、その時々で顧客の利便性をしっかりと考えてシステムを構築できていたのに対し、みずほ銀行が何故できていなかったのか気になりました。

 

印象に残ったテーマ③ 疎結合に向いていない処理

みずほ銀行のシステムはSOAによる疎結合をストロングポイントとしたシステムでしたが、今回の一連のシステムでは、一部の障害が次々と周辺システムに波及し、深刻な顧客影響を及ぼしてしまいました。

この点に関する原因と対策の記事が印象的でした。
みずほ銀行では疎結合のサービス間にまたがる「グローバルトランザクション」を実行してしまっていたために、うまくサービス間が疎結合になっておらず、一部の問題が全体に波及してしまったようです。
このような「グローバルトランザクション」が必要なシステムにおいては、アーキテクチャを密結合にするという手段が有用なケースがあり、他行では意図的に密結合なシステムとしているようです。

従来の密結合なシステムを、独立したサービスに分割し、疎結合なシステムを構築する動きが流行していますが、どんな場合でも疎結合なシステムが構築できるわけではないということを知ることができた良い記事でした。

 

まとめ

みずほ銀行のシステム障害を他山の石とせずに、自社システムにも同じような問題が眠っていないかを十分に分析したいと思いました。
他にも、非常に勉強になることが書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

日経コンピュータ 2021年7月22日号 〜特集 SOMPO、6万人で挑むDX〜

表紙は、「SOMPO、6万人で挑むDX 技術とデータで成す「脱保険」」です。

今回はみずほのMINORIプロジェクトには及ばないものの、推定2000億程度の投資額とされているSOMPOシステムの再構築プロジェクトが紹介されていました。
超大規模プロジェクトだけあって、様々な面で学ぶことが多い記事でした。

数ある記事の中から、私が印象に残ったテーマを紹介します。

 

 

印象に残ったテーマ① リアルデータのプラットフォーマーを目指す

facebookamazon等が保有しているデジタル空間でのデータではなく、事故や病気等のリアルデータに特化したプラットフォーマーをSOMPOが目指しているという記事が紹介されていました。
多数の顧客を抱えるSOMPOが持つ情報を有効活用することで、どんなサービスが受けられるようになるのか楽しみです。 

 

印象に残ったテーマ② スタートアップ企業との協業

SOMPOHDが米パランティアと協業し、形式がバラバラである、大量のリアルデータを統合したという記事も紹介されていました。
日本のベンダーでは半年かかるデータ統合を1〜2週間で完成させたというから驚きです。
他にも、様々なスタートアップ企業と協業しているようです。


これからの開発では、自前で作るのではなく、要素ごとに最適な会社、サービスを組み合わるスキルが重要であることを改めて感じました。 

 

印象に残ったテーマ③ SOMPOのエンジニア育成施策

エンジニアの成長がシステムも成長させることから、開発力の強化やキャリア形成の支援を積極に行っているという記事も紹介されていました。
特に驚きなのが、SOMPO-MIRAIのシステム要件定義、レビュー等を務めるSOMPOシステムイノベーションズの社員の半数近くがPMPを取得している点です。
会社の期待・支援にしっかりと社員が応えており、非常に意識が高い良い組織だと思いました。 

 

まとめ

今回はSOMPOにおけるDXを学ぶことができ、非常に有用でした。

他にも、非常に勉強になることが書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

日経コンピュータ 2021年7月8日号 〜特集 「DXのエンジン」を作ろう〜

表紙は、「「DXのエンジン」を作ろう 先進9社に見る次世代IT基盤」です。

東京海上日動火災保険三越伊勢丹などのDXが進んでいる9社のIT基盤が紹介されていました。
クラウドサービスの多様なツールを組み合わせて構成されており、クラウドサービスの勉強が欠かせないと感じさせられる記事でした。

数ある記事の中から、私が印象に残ったテーマを紹介します。

 

 

印象に残ったテーマ① 仕様変更に潜む訴訟リスクへの対策

「野村-IBM裁判」を例に、仕様変更が原因でプロジェクトが失敗した場合の訴訟リスクを低減するポイントが紹介されていました。
そのポイントは以下の通りです。

  • 概要設計までに要件を固める必要があることをユーザー企業に強く訴える。その上で、要件定義書と概要設計書に双方の責任者が署名捺印し、仕様凍結を合意する。
  • 仕様凍結後の追加要件に対しては、追加見積もりやスケジュール遅延が生じる旨をITベンダーがユーザーに正しく伝える。

今後、DX推進が進む中で、これまで以上に仕様変更が多くなるでしょうから、こういった基本行動をしっかりと理解しておきたいものです。

 

印象に残ったテーマ② DXを成功させるための次世代IT基盤

DXを成功させるために重要な次世代のIT基盤が数多く紹介されていました。

具体的には、素早くサービスを生み出し、改善を続けるためのDevOps基盤や、社外・社内から様々な情報を集め、ビジネス・サービスの改善に活かすデータ分析基盤、既存システムと連携するための連携基盤の構成が紹介されていました。

それぞれ、正しく、素早く設計するために、クラウドサービスで提供されているツールを幅広く知っておく必要があるなと感じました。

 

印象に残ったテーマ③ ブロックチェーン技術の活用例

NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン、証明証に相当するデータを偽造できない形で、誰でも参照できる形で保管したデータ)がニュースになることが多くなってきました。
NFTはブロックチェーン技術により成り立っていますが、このブロックチェーン技術でデジタル社債や住民票のペーパーレス化を実現しようとしているということが紹介されていました。

すべてのデータがデジタルで安全に管理できるようになることで、これまで紙でのやりとりにより無駄が生じていた事務の効率化も期待できます。
どんどん紙からデジタルに移行していってほしいものです。

 

まとめ

DX成功の鍵となるIT基盤には様々な技術が使われており、勉強が必要だと感じました。

他にも、非常に勉強になることが書いてあるので、ぜひ読んでみてください。