継続力

IT系サラリーマンが、書籍や講座から学んだこと、効果があった勉強方法を紹介します。

書評-考え方・モチベーションアップ

【書評】岡島悦子「40歳が社長になる日」 〜社長になるためにすべきことを紹介〜

40歳の社長にどのような印象を持つでしょうか。ベンチャー企業なら、このぐらいの年齢の社長はいくらでもいますよね。ただ、大企業だとどうでしょうか?若すぎると思うのでは無いでしょうか?ただ、これからの変化の激しい社会では、大企業でも40歳の社…

【書評】田村賢司「日本電産 永守重信、世界一への方程式」 〜永守イズムを紹介〜

日本を代表する名経営者「永守重信」氏の仕事に対する厳しい姿勢を余すことなく紹介しています。「ここまでできるかな。。。」と思うところも多々ありましたが、読むと間違いなくモチベーションが上がります。 本の紹介 印象的なポイント① 凄まじいハードワ…

【書評】田村賢司「日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方」 〜心を動かす100の言葉を紹介〜

日本を代表する名経営者「永守重信」氏が、どんなことを言い続けたのか気になり本書を読みました。一代で大企業を育て上げた創業者ならではの、非常に熱い言葉が詰まった本です。きっと心を動かす言葉に出会えるでしょう。 本の紹介 印象的なポイント① 苦し…

【書評】川勝宣昭「日本電産永守重信社長からのファクス42枚」 〜魂を震わせる名言を紹介〜

本書には、現代を代表する名経営者「日本電産永守社長」が発した42個の名言を収録されています。「仕事に対するモチベーションを上げたい!」と感じている人の琴線に触れる名言が盛り沢山です。経営者だけでなく、あらゆる層のリーダーにおすすめの本です。 …

【書評】前田 裕二「人生の勝算」 〜人生に勝つべくして勝つ方法を紹介〜

「人生の勝算」 すごい題名ですね。何があるかわからない人生において、必ず勝ちきる自信が、前田裕二氏にはあります。本書には、前田裕二氏が考える、人生を勝ちきるために必要なことが余すことなく紹介されています。本書を読むことで、きっとモチベーショ…

【書評】岸見一郎・古賀史健「幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII」 〜真の自立とは何かを紹介〜

本書は、ベストセラーとなった「嫌われる勇気」の続編です。前作(「嫌われる勇気」)では、若干もやもやとした「共同体感覚」に関して、より実践的な内容が紹介されています。また、本書は「自立」に対して、明快な答えを出してくれています。きっと、本書…

【書評】岸見一郎・古賀史健「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」 〜幸せな人生を送る方法を紹介〜

「自分の人生に100%満足していますか?」「100%満足している!」と言える人は少ないのではないでしょうか?本書は、自分の人生を「満足できる、良いもの」に変えるための方法を紹介しています。きっと、今の自分の生き方を変えるための勇気を貰うことができ…

【書評】岩瀬大輔「ハーバードMBA留学記」 〜世界一の大学での一流の人々との素晴らしい体験を紹介〜

本書のタイトルはMBA留学記ですが、単なるMBAのハウツー本ではありません。世界一の大学ハーバード大学で、授業や周囲の留学生、岩瀬氏の会社の同僚・先輩から学んだこと、アメリカから見た日本の姿等を紹介しています。 本書を読むことで、様々な、新しい考…

【書評】小笹芳央・小畑重和「アイ・カンパニーの時代」 〜キャリアビジョンを定める方法を紹介〜

本書は、自分自身を、「自分株式会社の社長」と捉えて、経営目標を定め、努力しようという内容です。本書に書いてあることを実践して目標を明確化した人と、目標を立てていない人では、数年後にはもの凄く大きな差がついてしまうはずです。 成長するためには…

【書評】小杉俊哉「起業家のように企業で働く」 〜会社勤めを楽しくする方法を紹介〜

本書は、「君はただ「会社」から言われたとおりに働き続けるのか?」という副題がついています。私はこのタイトルを見た時に、胸にグサッと来ました。 入社時のモチベーションを失い、日々目の前の仕事を漫然とこなしていないかと。 本書は、受け身になって…

【書評】板垣英憲「孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学」 〜孫正義が考える人生の必勝法を紹介〜

人生の必勝法があれば、是非知りたいですよね? 必勝法は成功者から学ぶのが一番。ということで、ソフトバンクという大企業を一代で築き上げた成功者「孫正義氏」の行動指針が気になり、本書を読みました。 本書を読むことで、「孫正義氏」が大事にしている…

【書評】井上篤夫「志高く 孫正義正伝」 〜孫正義氏の熱い生き方を紹介〜

ソフトバンクグループの創業者「孫正義氏」の生き様を描いた本です。 様々な困難を人並みならぬ努力と突破力で乗り越え、ソフトバンクという大企業を一代で築き上げるまでの生き様が描かれています。 どのエピソードもスケールが大きく、常人離れしてはいま…

【書評】稲盛和夫「生き方」 〜成功するための生き方を紹介〜

あなたは自分の「生き方」にルールを設けていますか?本書では、日本を代表する経営者「稲盛和夫」氏が、現在に至るまで大事にしてきた「生き方」を紹介してくれています。本当にためになることがたくさん書いてあるので、読み返す度に新しい気づきが得られ…

【書評】スペンサー・ジョンソン「チーズはどこへ消えた?」 〜変化に対応する心構えを紹介〜

「変化」という言葉にどういう印象を持ちますか?今のやり方で成功している場合、「変化」は面倒なものと考えてしまうことでしょう。この本は、「変化」に早く気づき、行動することの大切さを教えてくれます。 「今のままの自分でいいのか」、「チャレンジし…

【書評】デイル・ドーテン「仕事は楽しいかね? 最終講義」 〜ビジネスパーソンの目指すべき理想形を紹介〜

「仕事は楽しいかね?」では「個人として仕事を楽しむための方法」、「仕事は楽しいかね?2」では「チームとして仕事を楽しむための方法」が紹介されました。 完結編である、本書「仕事は楽しいかね? 最終講義」では、「会社の宝となり、周りの人に、仕事…

【書評】デイル・ドーテン「仕事は楽しいかね?2」 〜強いチームを作り、チームとして仕事を楽しむ方法を紹介〜

「仕事は楽しいかね?」では、「仕事を楽しくするための方法として、試すことの重要性」が紹介されていました。本書「仕事は楽しいかね?2」では、「個人としての仕事の楽しさ」ではなく、「チームとして、仕事を楽しくする方法」について述べられています…

【書評】デイル・ドーテン「仕事は楽しいかね?」 〜仕事を楽しくするための方法を紹介〜

「仕事は楽しいかね?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?「楽しい」と迷いなく答えられる人は大変幸せですね。 この本は、老人と主人公の対話形式で物語が進行します。 一般的なビジネス書のように一問一答形式ではないので、人それぞれ、この物語の…

【書評】岩瀬大輔「入社1年目の教科書」 〜新人だけでなく、ベテラン社員も読むべき仕事の原則を紹介〜

最初は新入社員の時に読み、非常にタメになりましたが、社会人歴が長くなった後に読んでも、改めて気づかされる点がたくさんある非常に良い本です。自分自身を高めるヒントをたくさん教えてくれます。また、部下・後輩への指導にも使えます。 本の紹介 印象…

【書評】P・F・ドラッカー「プロフェッショナルの条件」 〜本質的な生産性向上の方法を紹介〜

「仕事ができるようになりたい」、「生産性を上げて、定時で帰りたい」と悩みを抱えていた時に、この本を読みました。 本書は、「生産性を上げ、成果を出し続けるために何が必要か」明確な答えをくれる本です。 「とにかく成長したい」と考えている方に、オ…

【書評】本多静六「私の財産告白」 〜投資元本の最大化、負けない投資方法を紹介〜

「老後資金2,000万円問題」等、お金にまつわるニュースは色々ありますよね。 お金の不安がなくならないため、一生仕事をやめられない。。。どうにか、経済的に会社から独立できないものか、と考えていた時に、本書を読みました。 本書は、「経済的に会社から…

【書評】本多静六「人生計画の立て方」 〜理想の自分を実現するための方法を紹介〜

日々、目の前の仕事だけをこなしていて、「このまま年老いて人生が終わるのは嫌だ」と思った時に読みました。 本書は、「日々の仕事」も「理想の自分」を実現するための1つの要素でしかないことを気づかせてくれます。 また、「日々の仕事」に対する取り組…

【書評】本多静六「私の生活流儀」 〜ストレスなく、健康に仕事・勉強に励むためのコツを紹介〜

忙しい毎日の中で、仕事に対するモチベーションが下がっていた時に、本書を読みました。 本書は、「ストレスなく、健康に仕事・勉強に励むコツが満載」ですので、「モチベーションを回復したい」と感じているビジネスパーソンにおすすめです。 本の紹介 印象…